交通事故被害者の慰謝料・弁護士への交通事故示談と賠償金に関する無料相談ナビ

お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

損害賠償請求のよくある質問―積極損害

Q小学生の娘の通院にあたり妻が会社を休んで付き添ったのですが,この際の付添費用も損害として請求できるのでしょうか?

A

お子様が12歳以下であれば,親の付添が通常必要となりますので,通常は損害として請求可能です。

なお,金額については,自賠責保険基準では原則として通院1日につき2050円の付添費用が認められますが,裁判所基準(裁判をしたならば認められる基準)では原則として通院1日につき3300円とされており,事情に応じて増額が考慮されます。そして,実際に付添のためやむなく両親の一方が会社を休まざるを得なくなったような場合には,両親の一方にこれを上回る「休業損害」が発生しているならば,実際の給与収入が減った部分等について,その損害額を請求することもできる場合があります。

もっと詳しく知りたい方は
コチラのページもご覧ください

弁護士による交通事故 無料相談 実施中!

お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は安心の全国対応。国内最多の80拠点。
  • 法律相談実績40万人のアディーレだからできる,安心サポート!

弁護士 篠田 恵里香

日本交通法学会・日本賠償科学会

日本交通心理学会・日本交通科学学会所属・東京弁護士会所属

弁護士 篠田 恵里香
お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

ご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。

無料相談はこちら
メール