交通事故被害者の慰謝料・弁護士への交通事故示談と賠償金に関する無料相談ナビ

お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

損害賠償請求のよくある質問―消極損害

Q失業中なのですが,「休業損害」は請求できますか?

A

失業中の方は,働いておらず現実収入がないので,原則として休業損害は請求できません。

しかしながら,失業中であっても,すでに就職が内定している人,また就労する蓋然性の高い失業者は,実際に事故がなければ就労による収入を得られた可能性が高いので,決定している給与額または賃金センサス等の統計の平均給与額により算出した休業損害を請求できる可能性があります。ただ,具体的な内定証明書等の書面による証明がないケースでは,とくに任意交渉段階で失業中の方の休業損害が認められることは難しいです。

金利,地代・家賃収入あるいは恩給・年金,生活保護受給などで生計を営んでいる人は,原則として休業損害を請求できません。

もっと詳しく知りたい方は
コチラのページもご覧ください

弁護士による交通事故 無料相談 実施中!

お問い合わせ:0120?250?742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は安心の全国対応。国内最多の70拠点以上。

弁護士 正木 裕美

愛知県弁護士会所属

弁護士 正木 裕美
お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

ご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。