交通事故被害者の慰謝料・弁護士への交通事故示談と賠償金に関する無料相談ナビ

お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

損害賠償請求のよくある質問―請求できる損害

Q事故の後,精神的不調が続き,PTSDとの診断を受けました。PTSDとなったことについて,損害賠償を請求できるのでしょうか?

A

請求できる場合はありますが,困難であるのも実情です。事故後,PTSDに陥ってしまったという事例について,裁判例でも,損害賠償を認める場合と認めない場合があります。

PTSDが後遺障害にあたると判断されれば,事故によって収入が減るだろう部分については損害賠償を請求できますし(逸失利益),精神的な苦痛の賠償を求めることもできます(後遺障害慰謝料)。

しかし,PTSDを交通事故による後遺障害として認めてもらうには,さらに,事故との因果関係が問題となります。通常の一般人は,私生活上それなりのストレスは感じているのが実情で,PTSDという診断が出ても,それが交通事故を原因とするものか,因果関係の証明が困難となっています。またその程度が重大なもので永久に残るものなのかどうかも問題となります。

実際に裁判で争われたケースでは,後遺障害と認められない場合が多いのもまた実情であり,PTSDの症状につき,保険会社にどこまで賠償してもらえるかは,交渉次第・裁判次第ということになります。

もっと詳しく知りたい方は
コチラのページもご覧ください

弁護士による交通事故 無料相談 実施中!

お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は安心の全国対応。国内最多の83拠点。
  • 法律相談実績45万人のアディーレだからできる,安心サポート!

弁護士 篠田 恵里香

日本交通法学会・日本賠償科学会

日本交通心理学会・日本交通科学学会所属・東京弁護士会所属

弁護士 篠田 恵里香
お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

ご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。