交通事故被害者の慰謝料・弁護士への交通事故示談と賠償金に関する無料相談ナビ

お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

損害賠償請求のよくある質問―請求する方の事情

Q父は,事故により死亡しました。仮に私が相続放棄をしてしまうと,損害賠償は一切受けられないのでしょうか?

A

事故により発生する損害賠償請求権は,【1】亡くなったお父様自身の損害賠償請求権(精神的損害である慰謝料・将来仕事により得られるべきであった収入などの逸失利益など)と,【2】あなた自身の損害賠償請求権(慰謝料・お父様の扶養を受けられなくなったことによる損害など)となります。

相続により放棄するのは,【1】お父様自身の損害賠償請求権などの相続財産だけですので【2】あなた自身の有していた損害賠償請求権について請求することは可能です。

しかしながら,通常は,被害者であるお父様自身の損害賠償額が極めて高額となることが予想され,裁判所基準(裁判をしたならば認められる基準)では慰謝料部分でも2000万円以上となる可能性が高く,相続放棄をしてしまうと,本来受けるべき損害賠償請求権の大半が請求できなくなる可能性があります。相続放棄をすべきか否かについては,お父様の相続財産の資産状況・負債状況を精査して,慎重に判断すべきことになります。

もっと詳しく知りたい方は
コチラのページもご覧ください

弁護士による交通事故 無料相談 実施中!

お問い合わせ:0120?250?742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は安心の全国対応。国内最多の70拠点以上。

弁護士 正木 裕美

愛知県弁護士会所属

弁護士 正木 裕美
お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

ご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。