交通事故被害者の慰謝料・弁護士への交通事故示談と賠償金に関する無料相談ナビ

お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

損害賠償請求のよくある質問―積極損害

Q通院中の整形外科が十分な治療をしてくれず不満です。転院することはできますか?また,転院を相手側の保険会社に拒否された場合は,どうすればよいのですか?

A

本来,被害者には病院を自由に選ぶ権利があります。しかし,実際には手続が煩雑となり手間がかかるため,相手側の保険会社が転院を認めないケースもあります。また,事故当時から継続して通った病院でないと,後遺障害診断書の記載との関係で,今後の後遺障害の等級認定申請においてデメリットとなる可能性もあります。

転院が必要な理由があれば,それを保険会社の担当者に連絡し,事情を説明してください。それでも転院を拒否された場合には,病院を代えたうえでご自身の健康保険を使って自費で治療を続けることになります。

最終的な示談交渉の際に,転院と治療の継続が必要であったことや立て替えた治療費の支払いについて,保険会社と交渉していくことになります。

もっと詳しく知りたい方は
コチラのページもご覧ください

弁護士による交通事故 無料相談 実施中!

お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は安心の全国対応。国内最多の83拠点。
  • 法律相談実績45万人のアディーレだからできる,安心サポート!

弁護士 篠田 恵里香

日本交通法学会・日本賠償科学会

日本交通心理学会・日本交通科学学会所属・東京弁護士会所属

弁護士 篠田 恵里香
お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

ご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。