交通事故被害者の慰謝料・弁護士への交通事故示談と賠償金に関する無料相談ナビ

お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

損害賠償請求のよくある質問―後遺障害

Q私の妻は,交通事故直後,外傷性クモ膜下出血,びまん性軸索損傷の診断を受けていましたが,高次脳機能障害であることがわかりました。
後遺障害等級の認定は受けられるのでしょうか?

A

高次脳機能障害は,交通事故や転倒などによる外傷性脳損傷や脳血管障害・脳腫瘍・脳炎・低酸素性脳症などの疾患により発症します。高次脳機能障害は脳の一部が損傷を受けることで,記憶,意思,感情などの機能に障害が現れる傷病です。受傷・発症後,身体的な後遺症を残さない場合が多いため,外見上障害があることがわかりにくく,一見健常者との見分けがつかない場合もあり,そのため周囲の理解を得られにくいといった問題もあります。また,障害の程度によっては本人ですら指摘されるまで気づかないということもあります。

高次脳機能障害とは脳の機能の中でもとくに高度な機能の障害です。そのため,交通事故による受傷の場合に,事故による後遺障害として認めてもらうためには,まだまだハードルが高い障害といわれています。病院で高次脳機能障害の確定診断をされた方を含めて,高次脳機能障害として後遺障害等級の認定を受けようとする場合,他の障害の立証も含めて,申請は慎重に進める必要があります。高次脳機能障害自体の立証についても,実際の症状に応じた後遺障害等級の認定を受けるには,適切な検査・診断と申請書類の作成および添付する医証が大きなポイントになります。

高次脳機能障害の等級はおよそ以下のとおりとなります。

中枢神経系の障害(従来の脳損傷)の後遺障害等級
障害認定基準
別表第1
1級1号
「神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し,常に介護を要するもの」
別表第1
2級1号
「神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し,随時介護を要するもの」
別表第2
3級3号
「神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し,終身労務に服することができないもの」
別表第2
5級2号
「神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し,特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの」
別表第2
7級4号
「神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し,軽易な労務以外の労務に服することができないもの」
別表第2
9級10号
「神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し,服することができる労務が相当な程度に制限されるもの」

もっと詳しく知りたい方は
コチラのページもご覧ください

弁護士による交通事故 無料相談 実施中!

お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は安心の全国対応。国内最多の80拠点。
  • 法律相談実績40万人のアディーレだからできる,安心サポート!

弁護士 篠田 恵里香

日本交通法学会・日本賠償科学会

日本交通心理学会・日本交通科学学会所属・東京弁護士会所属

弁護士 篠田 恵里香
お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

ご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。

無料相談はこちら
メール