交通事故被害者の慰謝料・弁護士への交通事故示談と賠償金に関する無料相談ナビ

お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

損害賠償請求のよくある質問―物損

Q交通事故によって,車両以外の所持品が壊れてしまいました。もう使えないので破棄したのですが,証拠の写真等がないと損害を請求できませんか?

A

破棄した所持品を写した写真等の証拠がない場合は,損害を請求することは基本的には難しいかと思います。

交通事故では,車両以外の所持品についても破損等の損害が生じることがあります。特に,被害者の方が歩行者,自転車,自動二輪車(オートバイ)等であった場合には,自転車,ズボン,ジャンパー,靴,ヘルメット,鞄,携帯電話,モバイル端末機などが代表的です。

これらの損害を請求するためには,損害を受けたことを証明する必要があります。そして,損害を証明していくためには,破損した現物の写真が最も有効な証拠となります。なお,破損箇所が一見して明らかでない場合には,破損箇所をフォーカスして写真を撮るようにしてください。また,損害品の領収書もお持ちでしたら,証拠となりますので捨てないでください。

もっと詳しく知りたい方は
コチラのページもご覧ください

弁護士による交通事故 無料相談 実施中!

お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は安心の全国対応。国内最多の80拠点。
  • 法律相談実績40万人のアディーレだからできる,安心サポート!

弁護士 篠田 恵里香

日本交通法学会・日本賠償科学会

日本交通心理学会・日本交通科学学会所属・東京弁護士会所属

弁護士 篠田 恵里香
お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

ご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。

無料相談はこちら
メール